スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ということで

ひとつ、恨み言でも。


まぁ、1戦目、引退試合はよかったんです。
初回、いきなり打線が繋がり、四番村田のVS崩れがタイムリーヒットに化けて1点先制。先発の清水直も、堅実なピッチングでランナーは出しつつも、失点なく回を進める。
しかし、4回。ここまで好投してきた清水が2ラン被弾。逆転を許してしまう。


5回、二死ながらランナー一人をおいて、村田。


 V S 的 中 神 降 臨


再逆転の2ラン炸裂。
その後、立ち直った清水は、8回途中まで無失点で切り抜け、ワンポイントの田崎を挟んで、最終回のマウンドを任されるのは岡本。難なく3人で切って捨ててゲームセット。
大将クラスの監督相手に綺麗に勝ちきって3人の引退試合は終わったわけです。




2戦目は、こだわりと経験が透けて見えるロッテベースの白縛りチームなんで、負けとは言え、まぁ、素直に認められる負けでした。
帆足が3回持たずにKO食らったのは余計でしたが。


3戦目、よくあるPヒッター偏重チーム。とはいえ、ノンカードが混じっているところを見ると、それなりにこだわりが伺える感じではあり。
で、そのノンカードのセギノールにザカスケがソロと2ラン被弾して敗北。
これも、俺にノンカードのセギノールと言うことで油断があった、ことは否定できない訳で、仕方ない敗北と受け入れられなくもない。


…やっぱ、負けてる以上、何言っても負け惜しみでしかないし、何より納得いかねぇのは、そういう守るべき一線を越えたモラルなきチームを一蹴出来ない手前ぇの不甲斐なさなんで、申し訳程度に下に書いときます。色も変えて。
しかし、4戦目、これは駄目だ。
キャッチャー岩村を見て、最初は"これはオーダーミスだな"と思ったわけです。不調が多発して、オーダーを大幅に入れ替えたり、そうした試合の次の試合なんかは、守備位置や打順を組み換えきれずにケッタイな事になると言うのは、往々にしてありえることなわけで。俺も、過去、そういった経緯で三塁福浦のまま試合に臨んだことがあります。
この時は、当時正三塁だった栗原も守備が駄目だったんで、終盤までぜんぜん気づかず、気づいた時点では負けてる最中だった為、福浦を下げる訳にも行かず、そのまま進めましたが。


しかし、2回裏DHに代打古田を出したこと、二塁にフェルナンデスがいるのを見つけたことで、この監督が本当の意味で"ただPヒッターを並べただけ"のオーダーを本気で組んでる野球を舐めてる人間だと確信したわけで。
これだけは認められない。


個人的な野球観や特定チームに対する評価は別として、どんなチーム構成で望んだとしても、それはその人の野球観なんだから、とやかく言わず受けて立つ。勝っても負けても恨み言なし。それが俺のスタンスな訳ですよ。


しかし、しかし、"野球ゲーム"である以上、超えてはならねえ一線ちゅうものがあるのもまた事実。
終盤、逆転の為になりふり構わず代打攻勢をかけ、結果として守れないポジションに付けざるを得ないと言うのであれば、まだ受け入れられる。しかし、はじめから"HR打てりゃ後のことは知ったこっちゃねぇ"というスタンスで望む相手など認めろと言うのが無理だ。
そういう人間がいるから、BBHは広まらないし、日本野球は駄目になる。最低限のモラルすら守れない人間は去れ。





…一日おいて、冷却したつもりが、どう見ても洒落にならんマジ書きにしか見えん。どーしたものか。
スポンサーサイト

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク