スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純度120%素川上生絞り

連射王 上 (1) 連射王 上 (1)
川上 稔 (2007/01)
メディアワークス

この商品の詳細を見る
連射王 (下) 連射王 (下)
川上 稔 (2007/01)
メディアワークス

この商品の詳細を見る



まぁ、そんな訳で一年ぶりの川上稔最新刊、連射王を昨晩というか本日未明に読了した訳ですが。
作中の言を借りれば「終クロ7が川上作品の王道なら、川上作品の本質は連射王にある」といえるのではなかろうかと。




濃いキャラも、熱いメカも、練り上げられた世界観も、隻腕の男と槍使いの少女もない、まさに"素川上"としかいえない連射王
しかし、それ故に、過去のいかなる川上作品よりも濃い川上節。最早、信者ですら、その青さに耐えられないものが出かねない代物。されど、読了した今なら、迷いなく断言できる。これが、これこそが一年間待ち望んだものであると。


とまれ、世代的にリアルタイムでこう言う空気に触れた経験ある身なだけに、なんちゅーか、たまらんものがあるのですがねー。


…19XXやりてーなー。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル書評
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク