スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会検明け&ボーナスで色々と散財してきたわけですが

ついに、ついに我らが渇望した赤城毅、いや赤城"おろし"毅が帰ってきた。


満を持して、






   あ と が き 大 復 活






青鱗館の恐怖  帝都探偵物語 青鱗館の恐怖 帝都探偵物語
赤城 毅 (2006/11/21)
光文社

この商品の詳細を見る








まぁ、あとがき以外はまだ1ページたりとも読んでないんですかね。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

文学をよく見てみると

概要 私立探偵の工藤俊作が、街の仲間達の協力を得たり、彼を邪魔者扱いする刑事をおちょくったりしながら様々な事件を捜査して行く。作品の企画に伴いプロデューサー山口剛の早稲田大学在学時代からの友人でハードボイルド評論家・翻訳|翻訳家である小鷹信光を招いてハー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク