スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日なんで、ウルトラヴァイオレット

※注意!ネタバレしてます。※
まー、そういう事で、『リベリオン』のカート・ウィマー監督最新作、ウルトラヴァイオレット見に行ってまいりました。
しかし、休日だってのに夕方からの上映のみってどーいう事よ、MOVIX宇都宮








まぁ、そんなこんなで感想ー。


結論から言ってしまえば、
ド頭の"単騎潜入→ミ・ナ・ゴ・ロ・シ→チョー重力バイクアクション"で八割方満足したんで、まぁいいか、と言うところですか。



いやもう、この"もしカート・ウィマーがマトリックスを撮ってたら"的なトバしっぷりはサイコーです。蝶サイコーとすら言っていいレベル。
しかし、ストーリー面が原作改悪アニメ並にシーンぶつ切りと言う悪夢。特にファイナルバトル前の最重要盛り上がりポイントである筈の公園のシーンは、そこに至る経緯をスッパリすっ飛ばしてるせいで夢オチとか言われても違和感無いどころか、むしろ納得しかねない辺り致命的かもしれない。
それでも、まぁ、行間読んで脳内保管すればどーにかなるが…、行間読んで脳内保管が必要な映画ってどーかと思うのも、また事実。


とは言え、上で書いたように、ガン=カタ目当ての俺としては十分に満足できた訳で、そう言った意味ではプラス評価の方が高かったりしたり。シーンぶつ切りだって、公園のトコにだけ目をつぶれば、全体的なテンポアップに有効だった、とも言えなくも無い訳で……、でも、アレは目をつぶるにはデカすぎるわな、正直。




…しかし、ラストで枢機卿が鋸刀出してきて、ミラジョボが刀に火ぃ付けたあたりで、何時、ミラジョボの頬に十字傷が付くか冷や冷やしたのは俺だけだろうか。
スポンサーサイト

テーマ : ウルトラヴァイオレット
ジャンル : 映画

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク