スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーにもペナント

そーいうことで、球団対抗戦が終わったばかりですが、LvUP反映もかねてちょっとBBHってきた訳で。
さすがに、300オーバーの経験値を確保出来ただけに、平均Lv5、スタメンクラスはLv6に乗せる連中も出てきた様子。…やっと折り返しか。


試合結果


第一試合 1-0○
準純正SBビジター、松坂先発。スミイチを守りきる完封勝利。松坂4勝目。


第二試合 19-2○
対AS楽天ビジター、涌井先発。3-0で迎えた5回表、楽天二番手の加藤を攻め、打者一巡HR5本の猛攻で一気に9点奪い試合を決める。つーか、あまりにもHR打ちすぎて、試合結果の本塁打欄に福地の1号しか乗ってない始末。とりあえずチームHRは確実に二ケタ行ってますこの試合。
…二度とこんな試合ねぇよ。


第三試合 2-0○
対ASSBビジター、西口先発。SB先発の上原がかなり出来が良かったので、連打長打が望めない厳しい展開。進塁打にバント、スクイズとあらゆる手段を尽くして何とか2点もぎ取り勝利。西口は7勝目を完封で飾る。




と言う事で、まさかの3連勝だった訳ですが。
…ううむ、正直ありえんと言うか、なんと言うか。アレかな、球団対抗戦での読み合いが身になったとか、そー言う事なんだろうか。

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : ベースボールヒーローズ2
ジャンル : ゲーム

純正の楽園

そー言う事で、第一回球団対抗戦ですよ。全ての純正or順純正使いにとって夢のような大会。純正相手でしか味わえない駆け引きの世界、正直、もうペナントいいからずっとこっちやってたいのですが。


まぁ、ともあれ、まずは最近のトレード結果から。

某K様との間で、
松坂(BBH1黒)、石井義(BBH2黒)、日ハム中嶋(BBH2白)
  対
広島前田(BBH2GR)
の3対1トレードが成立。ついに念願のBBH1西武関係者カードコンプリートが達成できました。感無量。
K様ありがとうございます。




さて、本題の球団対抗戦ですが、戦績は予選が6勝8敗3分、勝率.428でメダル3個の2,997位、決勝が3勝3敗2分、勝率.500でメダル2個の1,824位だった訳で。


ちなみに今回'07純正絵限定縛り下の陣容は、


投手:先発
松坂、西口、涌井、帆足、大沼、グラマン(NC)、ギッセル(NC)
投手:中継ぎ
石井貴、星野、三井、田崎、山岸
投手:抑え
小野寺
捕手
細川、炭谷
内野手
カブレラ、片岡、福地、石井義、中島、中村、平尾、リーファー(NC)
外野手
佐藤、赤田、和田、高山、栗山(NC)
出場不可
土肥、後藤光(大沼と入れ替え)、奈良原、上田、小関


正直、奈良原、上田が抜けた内野がかなり守備面で厳しいところ。グラマンかギッセルどっちかいらないから、高木浩さんほしかったなぁ…。


予選
第一試合 8-3○
対楽天ビジター、西口先発。1回表にに3点を奪い、主導権を奪い主導権を握ったと思いきや、1、2回裏に一点ずつ返され、一点差の行き詰る展開に。終盤、7、9回表にカブレラの二打席連続HR等で5点を加え突き放す。

第二試合 0-1●
対ヤクルトビジター、大沼先発。1回裏、立ち上がりを攻められスミイチでの敗戦。後一本が出なかった。


第三試合 0-5●
対中日ビジター、松坂先発。相手先発川上の前に、散発4安打止まり。松坂7敗目…。


第四試合 0-5●
対中日ホーム、涌井先発。また相手は川上。とりあえず、一本増えて5安打にはなった。


第五試合 2-5●
対ヤクルトホーム、グラマン先発。7、8回に中島、カブレラのソロが出るも、8回表ラミレスの3ランの後では…。


第六試合 0-1●
対阪神ビジター、帆足先発。スミイチ負け。JFに手も足も出ず。


第七試合 1-2●
対オリックスホーム、西口先発。9回表、小野寺が打たれ逆転負け…。


第八試合 2-2△
対虚塵ホーム、大沼先発。8回裏中島の2ランで勝ち越すも、また小野寺が打たれ引き分けに持ち込まれる。…それでも、西武の守護神はお前だ。


第九試合 0-0△
対ロッテホーム、涌井先発。2安打完封リレーも、散発5安打では…。


第十試合 2-0○
対楽天ビジター、帆足先発。勝ったのはいいけど、12安打しといて10残塁は無いと思う。


第十一試合 1-2●
対楽天ホーム、西口先発。まさか、沖原に一発喰らうとは思っても見なかった。一点差までは追い上げたが…。


第十二試合 3-1○
対日ハムホーム、松坂先発。初回森本にいきなり一発喰らう荒れ模様の展開も、5回に追いつき、7回に相手3番手の建山を打ち崩し逆転勝利。小野寺16S、松坂2勝目。


第十三試合 3-1○
対さっきの日ハムホーム、大沼先発。5回に疲れが見え始めた相手先発の金村を攻め、一挙3点を奪いそのまま逃げ切る。大沼初勝利、小野寺17S。


第十四試合 1-1△
対中日ホーム、グラマン先発。10安打の猛攻を受けるも、1点に凌ぎ、7回中村のソロで同点に持ち込む。勝ち越せないのはいつものこと。いや、岩瀬出されたらなぁ…。


第十五試合 0-5●
対SBホーム、帆足先発。帆足が乱調、いきなり初回に4点献上。打線も3安打に抑えられ、どーにもならず。


第十六試合 2-0○
対ロッテビジター、涌井先発。行き詰る投手戦の末、7回カブレラ、9回和田のソロが試合を決する。涌井3勝目、小野寺18S。


第十七試合 5-2○
対横浜ホーム、西口先発。1回表に先制されるが、相手先発三浦に疲れが見え始めた5回裏、赤田の1号2ラン、中島のソロで一気に逆転。その後、一点差に追い上げられるも、8回裏炭谷の2ランで突き放す。西口5勝目、小野寺19S。


決勝
第一試合 2-3●
対阪神ホーム、大沼先発。赤田の2号2ランで同点に追いつくも、鳥谷に一発を浴びて敗戦。


第二試合 3x-2○
対広島ホーム、松坂先発。9回表、2-0完封勝利目前と思われた松坂が突然の乱調、同点に追いつかれる。しかしその裏、広島の抑えベイルを攻め、2死満塁でバッター3番石井義。打球は遊撃正面の凡打、万事休す。しかし、ここで広島遊撃井生がまさかのサヨナラタイムリーエラー!試合は劇的な幕切れに。


第三試合 1-2●
対阪神ビジター、帆足先発。強力阪神打線を鳥谷の2ランによる2点のみに何とか抑えるも、わが西武打線も阪神井川の前に9回表中島のソロで一矢報いるの精一杯の体たらく。手も足も出なかったわけではないのだが…。


第四試合 2-2△
対阪神ビジター、涌井先発。1、2回と阪神先発杉山の立ち上がりを攻め、2点のリードを奪うが、土壇場8回裏に今回も鳥谷にやられ引き分けに。


第五試合 1-4●
対阪神ホーム、ギッセル先発。ギッセルがいきなり打ち込まれ、初回に4失点の幕開け。10安打するも、9回裏に1点返すのが精一杯。このツメの甘さ、どーにかできんのか…。


第六試合 1-0○
対中日ビジター、西口先発。3回に小技でもぎ取った1点を何とか守りきり逃げ切り勝ち。西口6勝目、小野寺大台の20S目。


第七試合 3-2○
対ヤクルトホーム、大沼先発。両チームあわせて21安打が乱れ飛ぶ乱打戦。6回裏カブレラの2ランで奪ったリードを何とか継投で守りきる。小野寺21S目。


第八試合 2-2△
対中日ホーム、帆足先発。4回裏カブレラの2ランで先制するも、谷繁、井端のソロ攻勢で同点に持ち込まれ、そのままゲームセット。


まー、こんなカンジで。しかし、あんまり期待してなかったが、望外にに大沼いいなぁ。これだったら、ハナっから大沼にしときゃよかった。
やはり、この位の選手は一芸で選ぶべきもんなのかね。


だいぶ長くなってしまったので、今回の収穫は追記欄で。



続きを読む

テーマ : ベースボールヒーローズ2
ジャンル : ゲーム

獣王の巣

さて、無事執政院のパシリミッションをこなした我がギルド。これでのんびりと探索に専念できると思いきや、間髪いれずに新たなミッションが。なにやらB10Fにケルヌンノスなる獣頭人身の魔獣が出るので一発倒して来いとの事。
…そんなに簡単に言われてもなぁ。




とまれ、泣く子と執政院には勝てないので、おとなしく打倒ケルヌンノスの策を練ることにする。


先達の残した情報によれば、ケルヌンノスと相対する上で注意すべきは3つ。


一つ、その眼光は即死効果を持つ。
一つ、物理攻撃には強力なカウンター。
一つ、HP回復&防御↑スキルを持つ手下を召喚。


…この樹海が過酷だってのはわかってたつもりだが、もう即死技かけて来るボスが出るとは(汗)。スノードリフトの時みたいに不用意に戦端を開いたら、一気に壊滅に追い込まれかねないな。
しかし、いかな獣王ケルヌンノスとは言え、弱点もある。どうやら、雷属性に弱いらしい。ここらへんが突破口になるかもしれない。




ともあれ鍵は編成にあり。守りの要たるパラディンとメディックは外せないので、残り3枠、何を取って何を捨てるのか。
まぁ、どうあれ即死を防がないことにははじまらないので、おそらく眼光を封じらるであろう頭封じ効果を持つスキルは必須。ウチのギルドでは永らく冷や飯食いだった斧特化ソードマンのヘッドバッシュ以外に選択肢は無いので、まずはコイツで1枠。


また、兵站を潰すのは戦術の基本。回復役の雑魚を潰す手がいる。剣ソードマンのトルネード、アルケミストその一の大氷嵐、アルケミストそのニの大雷嵐あたりが選択肢となるが、ケルヌンノスの弱点でもある大雷嵐を使うアルケミストそのニで2枠目は決まりだろう。


となれば鍵は3枠目。そもそもの前提として、即死持ちを相手にする以上、長期戦は避ける方向で行かなければ予期せぬタイミングで脱落者を出し、なし崩しに戦線崩壊の危険もある。
アルケミストその一。カウンター対策としてはアリだが、雷の術式Lv1では火力不足だし、大氷嵐では燃費に不安もある。
レンジャー。サジタリウスの火力は魅力だが、トリプルショットまで強化出来ていない状況では、何らかの火力底上げが欲しい。ブレイバントorショックオイルと言う手もあるが、即死封じに失敗した際の事を考えるとあまり+ステに頼った策は採りたく無い。
となれば、バードと言う選択肢も無い。歌でのドーピングは強力だが、本人の火力は微妙だし、仕込みに手間が掛かる上、即死技持ちに効果永続のメリットは微妙。
ダークハンターはそもそもいない。殴りメディックは打たれ弱さが不安。
となれば、剣ソードマンが適任か。剣特化各種チェイスメインで強化しているから、チェイスショックでケルヌンノスへのダメージソースとしても、残敵掃討としても十分な働きが期待できる。


策はこれで固まった。後は下準備として、B8Fでチェイスショックと大雷嵐をちょっと強化して、いよいよケルヌンノス打倒作戦開始である。


続きを読む

テーマ : 世界樹の迷宮
ジャンル : ゲーム

純正の福音

第二回全国大会たる「球団対抗戦」がいよいよ開催だそうで。


用は06純正限定の同キャラ無し総当り戦と言う事で、個人的には熟練の純正使いの方々と知略を尽くした勝負を堪能したいところですなー。
…ここんところVS負けが込んでるから、熟練の純正使いとの勝負には不安材料も多いですがねー。


しかし、AS純正のこのご時世にこのネタとはなー。それでも、これが成立する程度には純正屋はいるのだろーか。
とまれ、ウチは準純正だから、06純正縛りはちょいとキツイところ。土肥、小関、奈良原、上田が使えなくなると結構ヤバイなぁ。代役としてノンカード選手が補充されるらしいが、誰が来るのか…。つか、グラマン、江藤、栗山ぐらいしか空きノンカード選手がいない気がするのだが…。
DH抜きだから代打要員が重要になるんだがなー。




まぁ、そんなこんなで最近の試合結果を。


第一試合 4-3○
対AS日ハム、涌井先発。カブ様の3ランを含むニ打席連続HRで楽勝、と思いきや、最終回に小野寺がホセに3ラン(例によってVS負け)を喫し、1点差の辛勝。


第二試合 1-1△
対趣味AS楽天、土肥先発。共にこれといって見せ場もなく、引き分け。代打磯辺のソロムランで引き分けに持ち込まれる。


第三試合 1-6●
対純日本AS楽天、帆足先発。初回緒方のSSHRで先制されるも、五回疲れが見えてきた楽天先発川上を攻め同点に持ち込むが、その裏即座に勝ち越され、六、八回にVS負けで松中、金本に2ラン喰らって敗戦。
いまどき、中継ぎ松坂とかやんねーだろ普通…。


もー、VS嫌だ…。


今回の収穫は追記欄で…。

続きを読む

テーマ : ベースボールヒーローズ2
ジャンル : ゲーム

ワイバーンハンター(狩れません)

と言う事で、執政院の命によりワイバーンの卵をちょっぱる事になった我がギルド。
まぁ、この街で冒険者やってくには執政院に従うしかないので、持って来いと言われれば施薬院でメディカも買ってくるし、ワイバーンの卵も盗って来るのだが。


とまれ、何の準備もなくワイバーンの巣があるB8Fに踏み込むのも下策。ひとまずやり残しのクエストを解決し、前回の探索で獲得した水晶の欠片を使い水晶扉の奥を覗いてみることにする。
水晶扉ではないが、これまで抜けられなかったB1Fの抜け道の奥でレイテルパラッシュ、羽付き帽子となかなか良い装備品が入手できたので期待していたのだが、敵ばっか強くて回復アイテムがいくつかあったのみだった。
まぁ、メディカ以外は低レベル回復アイテムしか買えない現状では、貴重であることは確かなのだが。




ともかく準備は整った。主力編成たる盾剣弓薬歌の編成でB8Fに挑む。
とりあえず、B7Fの人面蟹を倒し回復の泉を復活させたのち、周辺の探索にうつる。
とは言え、この階はワイバーンの巣が大半を占めているらしく、泉の他には採集ポイントが2ヶ所あったのみで、下り階段も見つからなかった。どうやら、全てはワイバーンの巣にあるらしい。巣の中に直で階段があったらやだなぁ…。


いよいよ巣に踏み込む我がパーティ。とりあえず何も考えんと真っ直ぐ突っ込んでみる。あ、目があった。うわ、こっちきたこっちきたこっちきた、撤退(汗)ー!
どうやら通路まで逃げ切れば、警戒モードは解けるらしい。ワイバーンが東を向いた隙に第二回の侵攻を図る。巣の西側を物色するが卵は見つからず。本命は東側か…?と、そうこうするうちにワイバーンが南側を向いている。果たして北側に回りこむのが間に合うか…。
いや、視界にさえ入らなければ隣接していても大丈夫な筈。ならば、方向転換のタイミングにあわせてワイバーンの南側に入れば…、


 ▽



 ↓


 ▽
 >


 ↓


15.バトル ~FOE


しかも先手取られたー!…自パーティの行動→foeの行動の順だったって事すっかり忘れてた。_| ̄|○
しかも、バードが初撃で戦闘不能(汗)。とにかく撤退、パラディン猛進逃走&残り3人ESCAPE…、って全員失敗しやがった(汗)。さらに全体攻撃で全員が瀕死状態に(汗)。
全滅の気配が漂うが最早全員ESCAPE以外に取る手段も無し。


一人目、…失敗。
二人目、……失敗。
三人目、………成功!


何とか、全滅は免れたが、全員瀕死で隣には警戒状態のワイバーン。泉まで戻るのはリスクが大きすぎる。今回は糸で街に戻らざるを得ないか…。




そして三度目の正直。前回までの反省を踏まえて、ワイバーンの視点変更を追いかけて時計回りに探索を進める。さらに念には念を入れて、確実にワイバーンの背後を取れるタイミングで巣に踏み込む。
ワイバーンの挙動に注意を払いつつ、北東側の壁際から物色を始める。

……
………あったー!
南東角の辺りで無事卵を発見し、すぐさま糸で帰還する。下手なことして、また全滅の危機を迎えるのは御免である。


ワイバーンの卵を執政院に納入して、無事、ミッション完了。
しかし、生態調査と言うが、あんな猛獣成長したらどーするんだろうか。そもそも、人工孵化できるもんなんだろうか…。孵らなかったから、また盗って来いとかいわれても困るぞ(汗)。

テーマ : 世界樹の迷宮
ジャンル : ゲーム

SCORPION DEATH ROCK

と言う事で、スノードリフト打倒を果たした我がギルドは引き続き迷宮の探索に挑むのである。


第二階層の中生代っぷりに本当に地下に潜ってるのか疑問に思いつつも、樹海磁軸でのレン・ツスクルとの邂逅を経てB6Fの探索を進める我々。
まぁ、あのスノードリフトすら倒した我がパーティ。いかな第二階層と言えども、そうそう苦戦する筈もあるまい…。


甘かった…。_| ̄|○


毒だの眠りだの嫌な状態異常で攻める雑魚もいれば、単純に火力が洒落にならない雑魚もいる。その上、ここのfoeは全体攻撃持ちのモアに全体テラー&馬鹿火力の熊と来た。第一階層に足を踏み入れた当時の感覚がよみがえる。
それでも、今の我々はLv1のペーペーだったあの頃とは違う。気を抜けば脱落者が出る厳しい戦いだが、それでも初見でなんとかfoeを倒す事は出来る。


でも、花一つ育てるのに前衛壊滅しかける程度にはキツイ…。
やはり、ここまで特に必要なかったからと縛りやステータス異常と言った搦め手の対策をおろそかにしていたのが響いたか。Lv1のエイミングフットじゃ、モアの足は到底止められない。この先、そういう搦め手のスキルも育成せねばならないか…。


とまれ、今後の強化方針に悩みつつも、探索は進む。
B6Fを踏破し、B7Fに侵攻をかけ、サソリの麻痺毒針とダメージ床にボロボロにされつつも水晶の欠片を手に入れ、ひとまず街に撤退。コイツを使えば各階の水晶ドアを開けられるらしいが、ほいほいと踏み込んで良いものか…。


そんなこんなで、戦利品売ったり、クエスト消化したりしてる我がギルドに執政院から新たなミッションが。


飛竜のタマゴを入手せよ!
原始ノ密林には恐ろしい竜が住んでいる。
その密林の何処かにある竜の巣を探し出し、
そのタマゴを入手してきて欲しい。



…それなんて狩猟採取生活ゲーム(汗)。

テーマ : 世界樹の迷宮
ジャンル : ゲーム

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク