スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒礁湖 第3話

ちゅう事で、第3話感想ー。













続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : BLACK LAGOON
ジャンル : アニメ・コミック

4・28 スカイマーク 対オリックス 8-6

カブ様一閃!

いや、そう言う劇的過ぎる一打は、もーちょっと後半に取っといて欲しいなー、とか言いたくなるぐらい。こー言うのは、一年に何度もないシチュだからなー。この日、球場行ってた連中は幸せもんだ。


しかし、ザカスケの怪我はどの程度の状況なのやら。長期離脱なんて事になると、西口&帆足の状況を考えるにかなり痛いのだが…。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

4・26 インボイス 対日ハム 3-2

流石に、最早、一時期の勢いは完全に消えたと言っていいんだろうなぁ…。


とまれ、連敗しなかった事、逆転で勝ちきった事は良しとするべき。帆足は苦しみつつもいつものように試合を作ってくれたし、後を引き継いだ三井、石井貴、小野寺はきっちり抑えてくれた。特に、石井貴の9球三者凡退には、相手が下位打線とは言え、ベテランの味を堪能させて頂きました。


打線では、石井義人が良い仕事をしてくれた。中村、GGが低迷してる今、天才ヒットメーカーの復調は心強い。後は、カブ様の怪我が大事無い事を祈るばかりなのだが…。調子が上がってきた矢先の怪我なだけに痛い。





続きを読む

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

取り戻したい象を見た

ちゅーことで、トニー・ジャー最新作トム・ヤム・クンを見てきたり。


ここんとこ、ナイト・オブ・スカイとか、スキージャンプ・ペアとか、スピリットとか、見ようと思ってた映画を悉く見逃して来ただけに、今回だけは外せない訳で。


トニー・ジャーの最新作だし、某所に流出してた古式ムエタイ関節49人掛けの映像見ちまったら、もう劇場で見る以外、選択肢はありえないのですよ。



ちゅう事で、ぶっちゃけ、ネタバレとかそう言うとこ気にする必要のある映画じゃ無いんだけども、感想は下で。














続きを読む

テーマ : トム・ヤム・クン
ジャンル : 映画

4・23 フルキャスト 対楽天 2-0○

祝!涌井初完投&初完封!ついでに球団も今季初完封!


前回、いやな負け方をしただけに、今日の試合がどうなるかは、今後の出来にも関わって来かねないところで無四球完封勝利。ぶっちゃけ、(楽天ファンには申し訳ないが)相手に恵まれたといえなくも無いけども、それでも、無四球完封で勝ったという事実は、涌井にも、炭谷にも大きな自信になってくれる筈。


つーか、銀仁にはこれをきっかけにまたトバしてって欲しいのだがなぁ…。ここら辺に付いても、もーちょっと、監督には我慢して欲しいトコロ。俺も我慢するんで、どーにかならんかなー。(どーにもならん)

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

黒礁湖 第2話

今頃、録画してたの見たので、感想文を上げてみる。


まー、ネタバレ対策も何もないとは思うのだけども、習慣だし、下で。










続きを読む

テーマ : BLACK LAGOON
ジャンル : アニメ・コミック

4・19 インボイス 対ソフトバンク 5-3○

…勝つには勝ったが…。


まぁ、仕方ないんだけどねー。そもそも、伊東監督の基本方針は西武再興であり、再びあの黄金時代を築き得る戦力の構築な訳で、1年目の日本一とか、今季のやる事なす事上手く行く嵌りっぷりとかが出来すぎだった訳で、去年の球際の弱さとか、今年のリリーフ投壊状態こそが現実何だよな…。
正直、浮かれてたよなー。あの頃の西武じゃないんだから、開幕から日本シリーズまで独走で突っ走れるようなチームじゃないんだから、今の西武は。


とまれ、帆足に初日が出たことは喜ばしい、ここまで内容は良かった訳だからコレを期にノって行ってもらいたいところ。友亮も先発で結果を出したし、やっぱり片岡の守備は安心できる。カブ様の状態も上昇基調だし、好調選手が落ちて来たタイミングで、控え陣や低調だった選手が上がってきたのは良い傾向。
4月頭みたいなアホな連勝は無理としても、安定して勝ち越しペースを保てれば上位は狙える筈。今は信じて見守る時期ですよ。


とりあえず、小野寺は来年以降絶対的守護神になってくれれば良し。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

2ndチーム投入

ちゅう事で、2ndチームいよいよ実戦投入ですよ。
栃木の西武で、監督名は「もりまさあき」。…伊原春樹にすればよかったかなぁ(汗)。


とりあえず、一通り登録完了するまでっちゅう事で3プレイ。


第1試合はエース格予定の涌井が先発。中盤でちょこーんと先制し、1点を守りきって勝利。…くそぅ、背に腹は変えられねぇとは言え、森、豊田使えると、やたらと安心できるなぁ。つーか、例の儀式無いのな、豊田。
第二試合は、後藤貴先発。しかし、前半早々に捕まり4失点。何とか、六回まで投げきり、後はダブルクローザーの一角、大沼が3イニングを何とか零封。しかし、打線は1点返すのが精一杯で敗戦。
第三試合は、岡本先発で、スタミナの低さに衝撃。つーか、ほぼベイルと同等って、先発としてどうよ。まぁ、ベイルのスタミナも抑えとしては異常なのだが。とまれ、前半に3点のリードを確保して、谷中-長田-大沼のリレーで完封勝利。
てな感じで、2勝1敗と上々の立ち上がり。…まぁ、初めから戦力がそろってる2ndチームなんだから、この位で喜んでる場合じゃないのも事実ではあるのだが。…でもなぁ、名前だけみれば、初プレイのノンカード尽くしチームの方が強かったりしかねんよ、このチーム(汗)。




そして、1stチームのコヒューガライオンズ(つーか、南武ペガサス)でもプレイ。


第一試合、西口登板。
好調なんで、安心してたのだが、序盤で崩れ3失点。まぁ、例によって俺の引っ張りすぎが原因でもあるのだが…。
ともかく、何とか継投と守備位置いじりでしのぎ、0-3のまま九回に。ここで打線が粘りを見せ、二死ながら満塁のチャンスを作り、ここで迎えるはこの日3番に入った好調の中島。勝負手は、強振MAX+積極打。
走者一掃の適時二塁打炸裂!
一気に同点に追いつくが、反撃もここまで。横山投入で裏を抑えきって引き分け。


第二試合、石井貴登板。
好調ではあったのだが、二回に連打で先制点を奪われ、その後も断続的にヒットを浴びて、三回1失点で降板。
しかし、その裏、和田のノーサインアーチで即座に同点に追いつき、四回以降、土肥が好リリーフを見せ、追加点を許さないものの、こちらも相手先発の黒田を攻めきれず、勝ち越し点が奪えない。
八回は、絶好調の八番的山からの好打順で、ランナーを三塁まで進めるが詰めきれず、同点のまま九回へ。
九回表を横山投入で凌ぎ、裏は三番からの好打順。絶好調の和田にも回る。ここで、相手も守護神の豊田を投入、三番福浦、四番カブレラと抑えられ、二死走者なしで迎えるは五番和田。勝負手は強振5+引っ張り。
…あえなく、外野フライ。
この試合も、引き分けに終わる。しかし、カブレラがLvUPし、威圧感を習得。


ともかく、負けなかった事を良しとしたいところ。前回サヨナラ喰らった、横山も好投してくれたし。守備についても、今Verでのコツが掴めたし。




今日の収穫ー。
西武 涌井秀章
オリックス 塩崎真
虚塵 ブライアン・シコースキー
日ハム MICHEAL中村
阪神 田中秀太
広島 廣瀬純
ヤクルト 藤井秀悟
中日 長峰昌司
ロッテ 西岡剛
日ハム 建山義紀SP
当たりは、SP建山、西岡、藤井、ヘリ屋シコースキーちゅうとこか。俺は使わんけど、スペック高いし、トレード種としては申し分なさ過ぎ。つーか、シコースキー中継ぎでTP71て常軌を逸してるんですがー。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

2ndチーム考

ちゅう事で、VUもしたし、本格的に2ndチーム構成を考えて見ましょうかと。


と、その前にここ暫くのトレード実績報告。
ありす・いん・あーけーどのありす様と、


黒豊田、森
     
日ハム・高橋、楽天・関川、虚塵・黒上原


ソフトバンク・宮地、ロッテ・垣内、中日・大友、ヤクルト・鈴木健
    
阪神・鳥谷、日ハム・石本


と二件のトレードを敢行。凄ぇ助かりました、本当にありがとうございます~。




さて、ちゅうことで2ndチームですよ。
構想開始当初は、オール栃木(明らかに頭数が揃いようが無いので断念)とか、守備職人onlyチーム(取得済み選手のみでは数が足りず、かといってLvUPで習得する選手の情報は得るのが困難なので断念)とか、考えてたのですが、諸般の事情により、無難に現西武&元西武のみで構成した純正西武チームに決定。


で、現在所持している使える選手をまとめると、


先発
後藤貴、三井、許、岡本、大沼、石井貴、涌井
中継ぎ
長田、谷中、森
抑え
黒豊田
捕手
中嶋、細川、野田
一塁
後藤武、中村、GG佐藤、高木大、鈴木
二塁
高木浩、片岡、石井義
三塁
平尾、江藤、フェルナンデス
遊撃
上田、中島
右翼
大島、貝塚
中堅

左翼
大友、宮地、垣内


と言うメンバー。で、問題点としては、
※後の投手が手薄過ぎ
 豊田、森を使わない為、実質、谷中、長田の二名のみ。
 現行Verではリスクが大きいが、先発を後で使わざるを得ない。
※一塁手多すぎ
 しかも、後藤武、GGが一塁のみ、中村、鈴木が+三塁と守備適正
 少なすぎな上、概して守備力低いと厳しい編成。
 まぁ、純正一塁手がつぶしが利かないのは、常識ではあるのだが。
※本職中堅手がいない
 その代わり、貝塚以外は適正Lvが代わらないので、組み換え自由。
 …まぁ、Cどまりなんですが。小関が欲しいところ。




それで、この32名から25人枠を選抜する訳ですが、とりあえずの基準として、1stチームと同様の構成で組んでみんとす、と言う事で。


投手陣:先発5、中継ぎ4、抑え1
先発枠5名
A涌井、後藤貴、岡本、許
つーか、森・豊田抜きだと、9名しかいないんで、4人出すのが精一杯なので選びよう無し。許はいざとなれば中継ぎ起用も。
中継ぎ4名
長田、谷中、三井、石井貴
駒不足故に先発投手を使わざるを得ないのがきつい所。谷中、長田を優先起用して、三井、石井貴は比較的温存で。
抑え
大沼
石井貴を抜擢しようかとも思ったが、疲労回復1でクローザーは正直、無理。現実では、小野寺に敗れたが、BBHではがんばっていただきたい。


野手陣:捕手2、内野8、外野5
捕手
細川、中嶋
思い入れ、現実での実績を考慮すれば、野田落ちは仕方なし。能力値も低めだし。
内野
鈴木健、中島、平尾、高木浩、GG、中村、片岡、上田、石井義
投手が少ない分、内野1名増で。ホセと後藤武落ちはスムーズに決まったが、あと一名をどうするか。本音言えば、1stで使ってるし、05年スペックだし、ってことで中島落としたいところだが、流石に遊撃が手薄になりすぎるので、江藤落ちで。片岡の成長如何では、入れ替えもありえない訳ではないが。
外野
大友、宮地、垣内、大島、高木大
守備面でのスペックと思い入れを考慮し、貝塚落として、大成を外野手コンバート。貝塚も使いたいのだが、仕方ないとしか言えないところ。…小関引いたら、誰落とせばいいんだ(汗)。





で、スタメンは、


1番・二塁 片岡
2番・右翼 大友
3番・遊撃 中島
4番・三塁 鈴木
5番・中堅 垣内
6番・DH GG佐藤
7番・一塁 中村
8番・捕手 細川
9番・左翼 宮地


控えは、
大島(外野)、高木(外野、一塁)、石井義(二塁、三塁)、高木浩(二塁)、上田(全ポジション)、平尾(二塁、三塁、遊撃)、中島(捕手)
で行く予定ー。ま、調子優先で変えてくんで、そうそう理想のオーダーが組める訳じゃないのですが。しかし、上田の守備力尋常じゃないなぁ。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

ついに…

虚塵入団が決まってしまいました…。



まぁ、そりゃ、どこも行くところがなくて、理不尽な引退を余儀なくされるよかマシですよ。日本の球団でやってくれると言う事は、また何時か、あの"オ・ゼ・キ"コールを聞けると言う事ですよ。




でも…、何でよりにもよって、あの日本球界の恥たる下衆球団なんだよ…。
_| ̄|○




絶対、飼い殺しになるぞ、あの下衆球団じゃ。どっかに移籍して欲しいなぁ、ホント。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

第1話雑感ー。

待望のBLACK LAGOON第1話ですよ。昔ヘルシング、今ブラック・ラグーンと言われる位アニメ化困難(話的に)な作品が、U局とは言えよりにもよって地上波で放送。さて、いったいどうなってしまうのか!(古の某番組風)










続きを読む

テーマ : BLACK LAGOON
ジャンル : アニメ・コミック

…ええと

そんな、これからに希望が持てる勝ちっぷりな一方、衝撃的なニュースが。




小関竜也、米リーグ挑戦断念、巨人入団テストへ




…日本で、我らが小関会長の雄姿が見られるのはうれしい。


しかし、何で、よりにもよって、あの下衆球団なんだ…。_| ̄|○


他にもあるじゃん、楽天とか…。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

4・14 インボイス 対ロッテ 2-1○

  _  ∩
( ゚∀゚)彡 GG!GG!
 ⊂彡


ちゅうこって、GG&ザカスケ劇場な今日の試合。
つーか、4回のバックホームですよ。ここ数年、弱肩に泣かされ続けてただけに、外野からの捕殺見たのなんて、何時振りだろうか。


そして、ザカスケ大暴れ。塀内に一発喰らったのはいつものことだから仕方ないとして、今季一番の出来で13三振1失点の好投。何より無四球が良い。いよいよ全開で行ってくれそうですな。


中村も先制HRを含む2安打2四球で出塁率10割と昨日の試合がきっかけになったのか上り調子。さらに石井義も3安打1四球と好調。ここまで好調だった連中が下降気味なだけに、これは心強い。


観戦予定のGWソフトバンク3連戦までこの流れを維持して欲しいもんだねぇ。









カブレラは…。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

4・13 スカイマーク 対オリックス 7-6○

まー、勝つには勝ったわけですがー。


中村は本塁打1本を含む2安打3打点、カブレラが3ランを含む2安打3打点と、昨日の戦犯が汚名返上の活躍、小野寺も9回を三者凡退でキッカリ抑えるなど、昨日のダメージを払拭できるような勝ちっぷり。





ただ、星野は…、もう、どうにもならんのか?去年までの左殺しっぷりは戻らないのか…。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

。。(o_ _)o

吉ゴイル二巻の感想が、鯖鰓でトんだ…。




まぁ、そー言う事で敗戦ですよ。
ま、小野寺については絶対的守護神への通過儀礼みたいなモンだから、責めますまい。つーか、逆転されんと同点で踏みとどまったところを褒めるべき。凡百の投手なら、サヨナラまで持ってかれてますよ。


問題は星野と中村、カブレラか。結局、好調なチームに取り残されてた3人が致命的なタイミングで負の相乗効果起こしてしまったと言うわけで。
…まー、3月末に起こってた事態だし、現状のままだと、いつかはまた起こる事ではあったから、別段ショックも無いのですが、







…明日も負けるようだと、かなりヤバイ、かも。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

_/>●

…職場の野球部の今季初練習が昨日あった訳ですが。


自主トレ不足が祟り、
身動き取れんレベルの全身筋肉痛が。


み、身動き取れねぇーッ!

4・9 札幌ドーム 対日ハム 3-1○

八! 連! 勝!


しかも内容が良い。ワンチャンスを決めるべき人が決め、その得点をきっちり守りきっての勝利。こう言う勝ち方が出来るなら、今季は安心だと思える勝利を見せていただきました。


しかし、涌井。去年からすると、本当に驚異的な化けっぷりだよなぁ。
まぁ、こう言う活躍が出来る逸材だとは思ってはいたけど、まさか二年目でやってくれるとは…。
二桁勝利期待しちゃって、良いんだろーか、これは。






続きを読む

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

4・7、4・8 札幌ドーム 対日ハム 7-1○、5-3○

インボイスの楽天二連戦はミスって保存し損ねたので、感想無し。まぁ、たいした事書いてないし。
とりあえず、三井がセットアッパーとして計算できる&石井義復活?&江藤スタメンで二安打と結果のみならず内容も上向き風味で、一敗程度で一気に調子暴落な心配はしなくて良さそうだな、と。




で、昨日今日の日ハム戦ですよ。
※昨日編
ザカスケに初日が出たのもめでたいが、より重要視すべきは四、五回の流れ。二回に集中打でガツンと三点先取した後、立ち直りかけた八木にファールで粘りかなりの球数を投げさせた四回の平尾と将吾、足で散々揺さぶって八木KOへの布石を作った片岡と中島、いい仕事ですよ。こういう地味な仕事で崩して点取るのが西武本来の野球な訳で。正直、守備面では未だそう言うレベルまで行ってないものの、こう言う攻めが出来るようになったのは非常に大きい。


※今日編
西口二勝目ー。
何だかんだ言って、開幕以来基本的に攻め勝って来たのが今年の西武。SB戦辺りで露呈したリリーフ陣の不安定さ加減で、投手戦でロースコアの勝負に対して非常に不安が抱かれていただけに、西口-星野ー小野寺のリレーできっちり勝ちきったのは大きい。
特にSB戦でグダグダだった星野が復活したのは計り知れないプラス要素。…かつては左投手不足が如何ともし難いレベルだったのに、いまや先発二枚、中継ぎ二枚とは。隔世の感があるなぁ。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

_| ̄|○

禁断症状でたんで、ベーヒーってきましたよ。




まぁ、マジアカ3全国大会のついでなんですが。


とりあえず、15クレほど突っ込んで、52人抜きで投了。…今回のシステム、負けてもある程度数字が残る分、ヒジョーにタチ悪い気が(汗)。変に希望が持てるだけに、諦め切れずにツッコむ客多いんじゃないか、コレ。




てな訳で、今回は一戦のみ。


帆足先発で、勇将級のソフトバンクと対戦。
相手先発は杉内、我が西武打線は調子を落とした選手が多く、好調の下位打線がチャンスを作るものの、後一本が出ない。
一方、帆足は調子普通ながらも要所を締めるピッチングで失点を許さず、双方一歩も譲らない投手戦。
試合が動いたのは、5回。好調の八番里崎から打線が繋がり、一番大村のヒットで一点先制。
この試合は一点勝負と見て、早めの継投に。しかし、中継ぎ陣が軒並み(つーか、全員)不調の為、二番手は少々ヒット打たれても崩れない土肥で六、七、八回を凌ぎ、好調横山で締めるプランを取る。
随時、守備固めを入れつつ、六、七回とも土肥は不調とは思えない好投。無失点に抑え、八回も一番から始まる好打順ながら、一番川崎、二番井端とも打ち取り二死無塁で三番岩村を迎える。


この時、半ば勝利を確信していた俺は、何時振りの連勝だろうなぁ、とか、ボーっと考えていた。




快音




岩村同点ソロ…  _| ̄|○




Av系打者封じでパワーに入れてた指示を、コントロールに直すのを忘れ、全てが台無し…。
ともあれ、続く四番城島を討ち取り、九回に望みを繋ぐ。
九回、五回同様、好調里崎から始まる好打順。里崎がヒットで出塁し、代走中島。しかし、九番平野が三塁ゴロで二塁ホースアウト。チャンスを広げることが出来ず、結局無得点。
それでも、引き分けに持ち込むべく横山投入。五番谷にいきなりヒットを浴び、無死一塁のピンチ。代走東出で向かえるは、六番嶋。東出に盗塁を決められ、無死二塁。


まぁ、わかりきった結末は語るまい。あからさまな機動力勝負の一手で盗塁も読めない駄監督に勝利の女神は振り向かない。サヨナラ負け…。




…ここまで、純粋に自分の駄目さで負けると、本当に死にたくなるほど凹む。試合途中に和田が好調になってたんだから、一発を狙わせても良かった。どうせ無死二塁なら、三連VSで博打打っても良かった。勝てたのに…。





今日の収穫…。
ソフトバンク トニー・バティスタ
横浜 小池正晃
まー、使わないから、どうと言う事もないのですが。そーいや、バティスタ使ってる人見ないなー。ズレータは結構見るけど。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

4・2 千葉マリン 対ロッテ 7-2○

祝!三タテで三連勝!


相変わらず不安定な投手陣ながら、若い投手陣がバタつくのは仕方ない。そこら辺はもう諦めました。今は打線が好調で、前半ちょっと崩れたぐらいならひっくり返せるだけの力がある訳だから、痛い目見つつ勝ってける幸せをかみ締めるべきでしょう。打てなくなった時に、成長した投手陣に守り勝ってもらえばいい訳ですよ。


それはそれとして、中島の負傷が軽微であったのは、本当に助かった。現状、中島は10得点&6打点を積み上げてる訳で、ここで中島が抜けようものなら、打線の調子すら落ちかねない。
…まぁ、守備については、休んでくれた方が安心できるのは事実ですが。


しかし、今日は銀仁朗が負傷ですか…。まぁ、負傷した肩で西岡刺せたわけだから軽症なんだろうけど。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

北関東圏に終クロ来る

まー、そー言う事で。
氏が自分とこのBlogではっちゃけてる最中、終クロCDドラマ到着いたしました。




と、トールパッケージはちょっと…(汗)。

なんつーか、その贋作外殻外箱でその通常外殻パッケージだと、ヒジョーにエロゲーの限定版くさいのはどーにかならんか。
とまれ、小冊子は川上スレの噂によると、かなりいい塩梅らしく期待大ー。











続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

3・31、4・1 千葉マリン 対ロッテ 5-11○、5-7○

祝、貯金生活!


きっちり打線が繋がり、集中打で押し切った31日、逆転を許すもすぐさま再逆転をかけ、突き放した上できっちり抑えて勝った1日、今季初の連勝で白星先行、実に重畳。
ベンちゃんも調子を上げてきたし、将吾、GGも好調を維持してるし、中島も状況に応じた打撃が出来るようになってるし、打線面では大分、希望がもてる展開です。
特に、片岡。もともと、去年から守備と走塁は十分プロ一軍レベル、打撃さえ伸びればレギュラーも狙えると言われていただけに、ここ二試合での活躍は今後に大きな期待が持てる。石井義が打つしか取り柄無いのに打率1割だったり、高木浩もよる年波のせいか、かつての輝きが見られなくなりつつあるだけに、今年は一気に正二塁手の座を手中に収めそうな気配。


しかし、
ここ二試合、投手陣がどうにもピリッとしないのはどうしたものか。四球で無駄なランナー出して失点てパターンが多すぎる。特に、先発が大崩れしてるのが痛い。今年は、中継ぎに全幅の信頼がまだ置けないだけに、先発がゲーム作ってくれないと厳しいのだが…。
ただ、三井、石井貴、小野寺が好投して結果を出してるのは好材料。特に三井は対右でも結果を出した訳で、使い方に幅が出るか。


…最大の問題は、中島の負傷。現状、好調な上につなぎの意識もしっかり出てきて、これで守備さえ良くなれば言うこと無いと思ってた矢先なだけに…。軽症であって欲しい。

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク