スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎戦国

まぁ、太閤立志伝4を地味にプレイしてる訳ですが。どーも、先が見えちゃって、今一つ気が乗らないのですよ。


今回は、家康ベースの新武将で毛利家に仕官。現在、毛利家は近畿以西を完全に制圧、さらに東征実行中ななか、俺は国主として、近畿と九州に直轄領多数って感じなんですが、マトモに攻勢かけてくるのが中部東海を制する武田家(最近、勝頼が死んで木曽義昌が跡目を継いだ。)だけで、北陸・関越を制する上杉は国境を接するこっちをそっちのけで、関東を治める北条を叩いてるし、東北の伊達はそもそも遠すぎてこっちには一切絡んでこないしで、戦力を考えれば最早、毛利の覇道を阻むものは無いと言うのが現実。


どーしたもんかなー。まだ、中国地方と四国の一部を治めてた頃、現状維持一辺倒で天下統一どころか、中国統一すらやる気なかった先代元就様をたき付けてた頃が一番楽しかった気がするなぁ、なんとしても城主まで上り詰めて、勝手に戦端開こうと画策してたあの頃が。


まー、謀反起こせば、なかなか楽しめそうではあるんだけどねー。
ただ、事前に孤立するであろう九州の所領を増強しておき、謀反。即座に木曽、上杉と同盟を結び背後を固め、配下を何名か九州に差し向けて、九州の所領を確保。後は、総力を結集して四国を落とし、九州との連絡を回復して、包囲網を確立した後に、吉田郡山城攻めに乗り出す、って手順で行けば、問題なくいけそうだからなぁ…。


しかし、もっとユルくプレイできんのかねー、俺。ワーネバやルナドンでもそうだったけど、どーにも、こう言う自由度高めのゲームやると、ガチガチに詰めてプレイしちゃって、誰使ってもやってる事は、あんま変わらんし…。
次はもーちょいユルくやりたいもんだなぁ…。中小大名を渡り歩くとか。
スポンサーサイト

テーマ : PCゲー
ジャンル : ゲーム

トレード希望情報

今回の新入荷、ヤクルト・米野…、だけ。
まずは提供希望選手。


第一希望
西武ライオンズ
星野智樹
北海道日本ハムファイターズ
奈良原浩、金子誠
横浜ベイスターズ
土肥義弘


第二希望
西武ライオンズ
SPアレックス・カブレラ、SP和田一浩、中村剛也
オリックスバッファローズ
日高剛
北海道日本ハムファイターズ
實松一成




上記以外の選手については、要相談と言うことでお願いします。
ま、原則としては等価トレードなんですが、条件によっては変則トレードにも十分応じますので、とりあえず選手を見てからの話になります。
後、上とかプロフィールに書いてある通り、ヘイト虚塵で野球国粋主義者なんで、虚塵関係の選手、メジャー関係の日本人選手は提示されてもトレードには応じられません。ぶっちゃけ、要らないんで。
(※小坂は除く。自分の意思で虚塵入りを選んだ選手じゃないし。)


参考までに、個人的レート算出基準ー。
西武S&G>パS&G>西武黒>セS&G>パ黒>西武白>セ黒>パ白>セ白>虚塵
守備力=走力=守備適正=送球≧ミート>パワー


放出選手は多くなるので、追記スペースで。

続きを読む

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

資金力

つーか、エキプロ手に入れて以来、川上氏のはっちゃけっぷりは筆舌に尽くしがたいのですが、どーしたもんか。
いやもう、素薔薇し過ぎるのですが。ただ、まぁ、原作者がヤルのはどうかとも思うけども、面白いからヨシ。




それはそれとして、金欠の中、交流戦の最終戦対広島に臨むべく、下野市パロに地方遠征。金欠のみならず、ガソリンも厳しめなもんで、ホームのラウンドワン宇都宮には行けへんのですよ、ぶっちゃけ。
とまれ、この石橋パロ、土曜に覗いた時は、連コ厨だらけで非常に感じ悪かったのですが、平日夕方に行く分には人居なくてなかなかの穴場な感じ。平日限定のセカンドフランチャイズとしては、アリなトコですな。県央南部在住者にはお勧め。


で、広島戦。正直なところ、最早、これ以上交流戦に望む予算も無いので、今日は来季以降に向けたテストマッチとしての位置づけが強めだったり。まぁ、だからっつって、負けるつもりで試合に望む訳じゃないですが。
先発は西口。前回の教訓を踏まえ、ちゃんとセンターユニットで調子を把握してから、オーダー決定。と言うことで、今日の課題。


"Lv3になってAヒッター付いた友亮は一番として使えるか?"


今の一番平野は、九番時代にいい率残してたのを買って、一番に抜擢したのだが、最近、アベレージが急落中な為、このまま使い続けるか否か迷ってた訳で。足なんかを考えると、一番の適役は鳥谷なんだけども、鳥に頼りすぎると、後々、代える時に辛くなるんで、それ以外で選びたい所に友亮のAヒッター獲得。これは一番に据えるしかないと言う事で、今回のテストになった訳で。


一回、いきなり友亮、大村の連打で一、二塁。後続が続かず、無得点に終わるも、一番友亮の可能性を感じると共に、勝利への期待が高まる。
三回、新井にソロHRを喰らい、先制される。それでも、調子普通の割りに好投し、西口は五回まで2安打ピッチング。打っては、好調の的山が下位打線から一死二塁のチャンスを作るなど、流れは明らかにウチにあった。


七回、先頭の金本にヒットを許し、無死一塁となったところで、西口降板。二番手ベイルに後を託す。


嶋にツーラン被弾。


…この後は、もう特に語ることも無く。中盤以降、打線はヒットすら打てず、調子の関係で投げさせられる中継ぎは前回炎上した田崎を残すのみ。結果、ベイルを引っ張りすぎ、最終回にさらに失点し、4-0で敗戦。
…そーだよな、闘将位に着くような監督が9回3点リードでスクイズは無いよな。ここまで、ことごとく強行かけて来てたし。あそこは、外野前、内野後、打たせて取る、進塁阻止で攻めるべきだった…。
さらに言えば、西口は6回までであきらめて、頭からベイルで行くべきだった。6回にキムタクに打たれた辺りで、西口限界は薄々判ってたのに…。そこらがうまく行ってりゃ、9回ベイルも大丈夫だった課も知れないのに…。




まぁ、ともあれ。今回は、一番友亮が十分有効と言うのが判った以上、一定の成果はあったといえる。城石に代わる二塁手も確保できたし。



今日の収穫。
楽天・斉藤秀光
ヤクルト・米野智人
斉藤は城石の上位互換的な能力値。対左4、遊撃B、ミート15等を考えれば、チャンス2、エラー回避2には目をつぶっても良いかも。(城石はチャンス4、エラー回避4。)
見落としてたが、こんな良い二塁手が居たとは…。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

勝てねぇ…

交流戦開幕ー。…3敗2分。_| ̄|○
いくら評価Pプラスに積んだって、勝てなきゃ意味ねぇのですよ。


一戦目
絶好調の石井登板。4回、今岡のソロ食らってソレが決勝点…。


二戦目
西口登板。3回に先制され、その後も1失点。2-0で敗戦…。


三戦目
松坂登板。守備位置変更し忘れ、レフト福浦を余儀なくされる…。しかも、気づいたのが2回…。そのせいでいきなり、2点のビハインドを余技なくされる。その後、何とか逆転するも、田崎炎上で再逆転され敗北…。


四戦目
金田登板。不調者続出で、選手を大規模に入れ替え。
また、守備位置変更ミス。
選手交代3回を無駄に浪費し、スコアレスドロー。相手、初段じゃなかったら、ボロ負けしててもおかしくない…。


五戦目
帆足登板。三塁までは進めるものの、後一本が出ず、スコアレスドロー。


七段にもなって、何やってんだ俺…。_| ̄|○
ともあれ、三戦目以降、なんか、上がってきた手ごたえも無い訳ではなく、いまさらあまりと言えばあんまりなミスに凹み倒し、どーしたもんか。
まぁ、鳥谷と友亮がL3になったのと、的山獲得は収穫ー。肩17でリード3は正捕手として申し分なし。バント3で不調時でもやりようがあるのも、高得点。
…早く、金子か奈良原引かないと、鳥谷代えられなくなる(汗)。


今日の収穫ー。
ロッテ・渡辺正人
オリックス・的山哲也
日ハム・立石尚行
阪神・桧山進次郎
ヤクルト・五十嵐亮太
ロッテ・李承×2
西武・岡本篤志
日ハム・吉崎勝
虚塵・長田昌浩
的山は中嶋と差し替え。中嶋は次席候補として、二軍指定に。まぁ、打力を考えると、里崎が一歩リードなのは事実だけど。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

いまさらながら

職場がらみで行ってた新潟旅行で見られなかったアニメ特撮を消化してみたり。


ガイキング
ううむ、純粋にハイパーモードだけなのなフェイスオープン。
しかし、腹の顔までフェイスオープンとは思わなんだ。これはこれで良し。


スーパーヒーロータイム
ボウケンジャー。どうやら、今回は日本の探検家の名前が元ネタの様子。しかし、間宮林蔵と伊能忠敬、西堀榮三郎は素で判ったし、最上徳内も突き止めたが、レッド明石の元ネタが判らん。なんだろ、明石って苗字には聞き覚えがあるのだが…。
どーでもいいが、近接格闘戦における正しいスコップの使い方は、
1.よく研いで刃を付ける
2.ミートポイントは外角高め、一番飛距離が出る所に敵の頭を持ってくる。
3.強振MAXでレベルスイング
なのだが。西部戦線以来の伝統に則った使い方でやってくれると期待してたのだがのぅ。
カブト。うわぁ、あの俺様がヒーローっぽい湖としてる…。上段回し蹴りがライダーキックなのは、やはり赴きが足りない。ライダーキックを冠するなら、跳ばなきゃ駄目だ。


よみがえる空
相変わらず丁寧な作り。演出も地に足が着いた安定感。やっぱり、いいのう。そして、エンディングにコレを持ってくるとは…!やっぱ、凄ぇわ、このスタッフ。
…嗚呼、このスタッフだったら、アニメ版雪風が作れたかもしれん…。




まぁ、そんなところで。

続きを読む

きたぜ、兄弟

 ノ ル マ ル ク 戦 史 復 刊 … !


移籍のゴタゴタで黒歴史化したと思われていた、ノルマルク戦史がSD文庫から復活ですとー?!
しかも、ためしにアマゾンで検索してみたら、魔大陸の鷹の新シリーズまで始まってやがる・・・!




…それはそれとして、ノルマルク戦史って、中公時代は未完だったんだよね?ぶっちゃけ、2巻まで買って罪っぱなしだったから、どーなってたのかわからん…。_| ̄|○

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

捕手問題

まぁ、それはそれとして。
トレード希望情報で色々やってた福岡の古田様との間で、
日ハム・小笠原黒、虚塵・工藤
     VS
日ハム・小田、三井、許
の2対3交換トレードが成立。福岡の古田様、ありがとー。


と言うことで捕手ですよ。前回、れいれい様とのトレードで次期正捕手候補の高橋信二を獲得した訳ですが、ここで大問題発覚。


捕手リードが細川・里崎と変わらねぇ…。_| ̄|○


リードがまともなら、弱肩も我慢できる、と思って候補に入れてたのだが…。日ハムファンの皆様には申し訳ないが、現状、チームに組み込むには、攻撃はともかく守備方面がちょっと厳しすぎる。長打力強化にはいいんだろうけど、守備と巧打を重視するのがウチのコンセプトだから、Pヒッターはカブ様とベンちゃんで間に合ってるし…。
とりあえず、カード在庫を引っ掻き回した結果、日ハム中嶋聡が捕手D、リード3、送球16と守備に付いてはかなりイケるスペックである事が発覚したので、細川に代えてサブ捕手に登用することにする。元西武だし。
つーても、リードの数値がどれだけゲーム影響するのか、わからん以上、全ては無駄な努力かも知れんのだけど。昔は、捕手岩村なんて外法がまかり通るほど、無意味っぽかったけど、2.16VU以降、どーなったのやら…。


まぁ、そういうことで、今日の戦績。


第一試合
西口が3回捕まって2失点。その後は、何とか継投もうまく行って無失点で試合を進めるが、援護無く敗戦。相手捕手が高橋信二だったから、足攻を狙ったんだが、出塁できなきゃ、意味がねぇ…。


第二試合
金田先発も、1回から3イニング連続失点で一気に3点を背負う。その後、立ち直るも、6回捕まり継投むなしく7点まで差を広げられる。
もう、どうしようもないので、残り3イニングを経験値稼ぎに充てる…。_| ̄|○


第三試合
休養十分なザカスケが先発。二回、打線が繋がった上、VS読み勝ちで里崎が走者一掃タイムリー2ベース打ち2点先制。投げては、ザカスケが6回を代打ローズのソロ一本のみに押さえ、7回からはベイル-田崎-横山のリレーでシャットアウト。前回の敗戦を踏まえて、早めの継投を狙ったのが効を奏した。


つー事で、1勝2敗。…今期は勝てねぇ。大量に選手入れ替えた反動がきてるのか、ただ、俺がヘタレなだけなのか。何とか、五割に持ってきたいけど、交流戦に予算取っとかないといかんしなぁ。
あー、中嶋ですが、一応、三試合とも途中出場で出したけど、今一つリード2と3でどう違うのか掴めない。VSの時、スイートスポットが若干小さくなったような気もするが、多分気のせいだし。


ま、これは俺のポリシーなので、送球15以上orリード3以上の縛りはかえませんが。
では、今回の収穫、
ソフトバンク・井出竜也
楽天・森谷昭仁
虚塵・上原浩治黒
オリックス・光原逸裕
楽天・アンディー・トレーシー
中日・森岡良介
井出、森谷あたりは面白いかも。上原要らないから、誰か、的山か奈良原下さい。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

ライトノベル読みに本当に聞いてみたい10の質問

金曜の夜にちょっと見かけた、「ライトノベル読みに本当に聞いてみたい10の質問」に答えてみる。問題製作はAngel Heart Clubさま。


1.尊敬するライトノベル作家は?
川上"先生と呼ぶな"稔氏。
"創作"に対する自他ともに厳しい姿勢とか、セメントでガチな生き様とか、そこいらへんのチンピラに最敬礼されるどうみてもその筋な人相とか、HP等で垣間見える過剰なサービス精神とか、つーか一人で全部出来るんじゃないかとすら思える多芸なところとか、あげれば理由は色々あがりますが、ぶっちゃけ一番上に書いたとおり信者なもんで。


2.あなたの人生に影響を与えたライトノベル作品は?
まず、全ての始まりであった「スレイヤーズ」。世間的な評価はどうあれ、俺は第二部も嫌いじゃなかったです。ええ。
そして、都市シリーズ、中でも"影響"と言う観点から一つ選ぶなら「風水街都香港」。川上節との出会いと言うだけでなく、それまで「スレイヤーズ」、「オーフェン」、「ラグナロク」しか追っかけないラノベモンロー主義だった俺が、とりあえず引っかかったら買うと言う極端な膨張主義に転換するきっかけになったと言う点で、かなりデカイ影響うけた作品。


3.読んだけど生理的に受け付けなかった、どうしても好きになれなかった作品は?
乙一の「暗黒童話」は、その空気が肌に合わなくて挫折したし、清涼飲料水の「コズミック」のオチには、そりゃ焚書もされるわ、と言う感想を持ったけど、ラノベで生理的に受けつかないとなると、特に思いつかない。「クビシメロマンチスト」は読後かなりブルーにさせられたけど、だからと言ってそこまで拒否反応でた訳じゃないし、その後の西尾作品も普通に読んでるし。
ただ、欝系苦手な方なんで、そう言うのはあんま受け付けないかも。


4.最も優れたノベライズ作品は?
「勇者王ガオガイガー外伝 獅子の女王」
と言いたいところだけど、あくまでもサイドストーリーであって、ノベライズとは違う気がするので、「蚊セレクション」…、も違うか?


ということで、「小説ドラゴンクエスト」シリーズ。世間的には、久美沙織の天空シリーズの方が高評価なんだろうけど、王道アレンジな高屋敷英夫のロトシリーズもかなり好きです、俺。
あー、でも、富永浩史の「影技 外典1"FIRE FOX"」もかなり好き。シャドウスキルのノベライズでマラソンて、そのネタだけでもうたまりません。


5.あなたにとって優れたノベライズとはなんですか?
二つの方向性があると思う。
一つは、原作を深く理解し、文章でしか出来ないor文章ではより容易に出来る演出をもって、作品をより深く掘り下げる作品。
もう一つは、原作に敬意を持ちつつも、自分の土俵でやりたい放題ぶちかまし、その上で誰からも文句の付けようのないレベルで面白く、それのノベライズとしか言えない代物に仕上げる今川泰宏スタイル。


要は、原作への敬意と創作者としての矜持が俺の中でのポイントらしい。


6.ライトノベルに挿絵は必要だと思いますか?
挿絵がなければ、「ガジェット・ポップ」のような悲劇は起きない。しかし、挿絵なくして川上作品におけるあの"ラスト見開き"の感動は味わえない。
まぁ、こればっかりは、一消費者でしかない立場の人間がとやかく言える事じゃない、と言うのが個人的なスタンスですかね。
強いて言うなら、"必要"か、"不要"か、じゃなくて、"使ってもいい"位のスタンスが一番可能性が広がっていいと思います。


7.ライトノベルにあとがきは必要だと思いますか?
基本的に上記と一緒。創作者じゃない人間がどうこう言う筋合いの事じゃないけど、あえて言うなら、その選択肢もアリにしておいて欲しい、と言ったところ。
でも、川上信者的な観点からは、挿絵・後書が無いと、川上作品の魅力はかなり失われる(表紙デザインまで考えたトータルパッケージの演出、後書恒例チャットなど)ので、必須であると主張したい。


8.書店で知らない作家のライトノベルを買う時の一番の基準は?
世間様の評価。
と言うか、まいじゃー推進委員会様少年少女科学倶楽部様での評価によるところがかなり大きい。ただ、あくまでも参考として頭に入れるだけで、なんか新規開拓しようと思った時の選択肢作りを超えるものではなかったり。
まー、そう言っても、上記2サイト様のお陰で、「都市シリーズ」や「H2O」、「吉永さん家のガーゴイル」とかに出会えた訳で、かなり頼りきってるのも事実。
後、ジャケ買いは、まずやりません。


9.おかゆまさき著『撲殺天使ドクロちゃん』について一言(作品を知らなければ「知らない」と答えて下さい)
知ってるけど読んでないので、語る言葉を持ってない。


10.あなたにとってライトノベルとはなんですか?
すいません、次回までの宿題にしてもらっていいですか?
(次回っていつだ。)

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

吉永さん家のガーゴイル

吉永さん家のガーゴイルいまさらながらに手を出してみた。まぁ、ちょっと前から気にはかかってたんだけど、きっかけなかったんでねー。
ちょい前に衝動的に1,2巻を買ってしまったので、早速取り掛かったわけですよ。


例によって、感想は下に。




図書館戦争アオリ川上稔原案の噂、後書立ち読みしたら答えが載ってたり。

続きを読む

テーマ : ライトノベル
ジャンル : 小説・文学

てな訳で

本題に入る前に。
以前、帆足加入の際にお世話になったれいれい様との間で、
ロッテ清水直、ヤクルト青木
    VS
石井義人、高木浩之、日ハム高橋
の2対3交換トレードが成立ー。交流戦に向けて、心強い新戦力ですよー。
ありがとう、れいれい様。


と言うことで今日の試合。


まずは、連続炎上によって中継ぎ陣が酷使されすぎてガタガタになった戦訓をかんがみて、疲労回復MAXで酷使が利く楽天・玉木を山田秋に代わって右中継ぎとして起用。これで、少しでも負担が軽くなればいいのだが。


第一試合
金田-玉木-ベイルの完封リレーで、2点を守りきり勝利。
勝てた上に、狙い通り中継ぎを休ませる事も出来た快心の試合ー。しかし、今日の金田は良い出来だった。


第二試合
調子の問題で、回復しきってないザカスケを緊急登板。
しかし、今日のザカスケは好調だった…!ランナーは出すものの、無失点で見事に9回まで持ってってくれた。もはや、これ以上は望めない理想の展開。


 し か し 、 点 が 取 れ な い 。 _| ̄|○


あまりにも、ザカスケ登板試合らしい展開。もちろんオチは、
二死一二塁から読み負けでサヨナラ負け…。_| ̄|○
最善を尽くすなら、ストッパーを出すべきだったのか…?


第三試合
近鉄愛がにじみ出る渋いオリックスの前に、なすすべなく石井貴轟沈。終盤、つないで2点差まで追いすがるも、結局追いつけず。玉木投入が裏目で4点まで傷を広げた訳なんだが、ベイルを先に投入してれば、2点までで止められただろうか…。


まぁ、今回は2敗とも納得いく負け方(手前ぇの采配ミス)なんで、引きずらないけど。次回に向けて、しっかり戦訓を生かしていかんと。


それでは、今日の収穫。
オリックス・村松有人SP
虚塵・タフィ・ローズSP
日ハム・横山道哉
楽天・星野おさむ黒
中日・立浪和義黒
中日・森岡良介白


 ク ロ ー ザ ー 降 臨 !


第一試合で、横山をツモった為、第二試合からベイルを左の中継ぎとして起用。元先発ゆえの尋常じゃないスタミナでロングリリーフ要員として、早くも大回転中です、ベイルさん。
しかし、ここんとこのツモ具合は尋常じゃねぇなぁ。どーなってんだ、コレ。村松とか、使いたいけどガチで禁則事項に引っかかるしー。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

ということで

ひとつ、恨み言でも。


まぁ、1戦目、引退試合はよかったんです。
初回、いきなり打線が繋がり、四番村田のVS崩れがタイムリーヒットに化けて1点先制。先発の清水直も、堅実なピッチングでランナーは出しつつも、失点なく回を進める。
しかし、4回。ここまで好投してきた清水が2ラン被弾。逆転を許してしまう。


5回、二死ながらランナー一人をおいて、村田。


 V S 的 中 神 降 臨


再逆転の2ラン炸裂。
その後、立ち直った清水は、8回途中まで無失点で切り抜け、ワンポイントの田崎を挟んで、最終回のマウンドを任されるのは岡本。難なく3人で切って捨ててゲームセット。
大将クラスの監督相手に綺麗に勝ちきって3人の引退試合は終わったわけです。




2戦目は、こだわりと経験が透けて見えるロッテベースの白縛りチームなんで、負けとは言え、まぁ、素直に認められる負けでした。
帆足が3回持たずにKO食らったのは余計でしたが。


3戦目、よくあるPヒッター偏重チーム。とはいえ、ノンカードが混じっているところを見ると、それなりにこだわりが伺える感じではあり。
で、そのノンカードのセギノールにザカスケがソロと2ラン被弾して敗北。
これも、俺にノンカードのセギノールと言うことで油断があった、ことは否定できない訳で、仕方ない敗北と受け入れられなくもない。


…やっぱ、負けてる以上、何言っても負け惜しみでしかないし、何より納得いかねぇのは、そういう守るべき一線を越えたモラルなきチームを一蹴出来ない手前ぇの不甲斐なさなんで、申し訳程度に下に書いときます。色も変えて。

続きを読む

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

予定変更で、今日、BBHしてきた。


引退試合は、これ以上なく綺麗に完了。


…ただ最終戦で、ナベツネ以下の下衆がやってるとしか思えねぇ、腐りきったチームに負けたので、あらゆる気力消失。
これ以上、文字書いてると、何書き出すかわからないので、今日の収穫とトレード希望の更新だけして、不貞寝する。


きょうの収穫
楽天・磯部公一(黒)
日ハム・小笠原道大(黒)
虚塵・工藤公康(黒)
日ハム・井場友和(白)
阪神・橋本健太郎(白)
中日・高橋光信(白)
広島・フェリシアーノ(白)
広島・野村謙二郎(白)



続きを読む

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

今期からの新編成

無事、トレードも全件完了したので、今期からのチーム編成を考えてみる。


まずは投手陣。


先発
SP西口、GR松坂、帆足、金田(楽)、石井
昨期のメンバーからは、SP黒田(広)、清水(ロ)がOUT。
理想系完成ー。ローテ五位は契約更新時に後藤光(貴)に入れ替えを考慮中。しかし、キラ2枚のかもし出す厨っぽさが玉にキズ(汗)。


中継ぎ
田崎、山田(ソ)、山本(ヤ)、ウィリアムス(神)
岡本(ソ)、川村(横)がOUT。
ふと、思い立って、予定外の山田秋親を追加で差し替えてみる。1stチームはやっぱ勝ちに行きたいので、岡本OUT。実績的には、全然見劣りしなかったんだけどねー。まぁ、15日は岡本も引退と言うことで。
しかし、色々、トレード情報出してるBlogも見るけど、星野は本当に見かけんなー。どーしたものか。


抑え
ベイル(広)
今回は、差し替え見送り。
とりあえず、横山入手を待って、誰と入れ替えるか考える。現状だと、玉木が一歩リードなんだけど、純粋にピッチャーとしてみたスペックは横山が若干上か。玉木の守備力も捨てがたいけど…。




続いて、野手編。


外野手
和田、小関、佐藤、赤田、大村(ソ)
昨期で完成してるので、今回はノータッチ。率を取るか、HRを取るか、和田の使い方がチームの得点力に直結してくるので、注意。


内野手
カブレラ、福浦(ロ)、平野(オ)、城石(ヤ)、鳥谷(神)、中島、塩崎(オ)、後藤光(オ)
栗原(広)、村田(横)がOUT。
オリックス三人か…(汗)。塩崎は現状、三塁での起用を予定。肩とかも考えると、金子じゃないと鳥谷の後釜はキツイか。当初、スタメン三塁予定だった後藤光は、エラー回避×が発覚して一寸スタメン起用に尻込み。鳥谷に次ぐ強肩なわけだし、走塁○もあることを考えると、使いたいのだが…。


捕手
里崎(ロ)、細川
実は、普通の野手に毛の生えた程度の捕手リードしか持ってないことが発覚し、緊急補強ポイントに浮上。ぶっちゃけ、これが普通だと思ってた…。_| ̄|○


二軍
上田
守備の神。二塁、遊撃、三塁A、そのほかのポジションC、エラー回避○、守備力19、


 も は や 、 化 け 物 。


まぁ、送球は12と並レベルだし、打撃はからっきしなのだが、西武ファンなら守備固めは上田と高波がお約束。何とかして入れたいのだが…。


まぁ、そんなこんなでオーダー組んでみると、
一番:二塁・平野
二番:中堅・小関
三番:一塁・福浦
四番:DH・カブレラ
五番:左翼・和田
六番:遊撃・鳥谷
七番:三塁・塩崎
八番:捕手・里崎
九番:右翼・大村
てなトコか。まぁ、調子によって如何様にも入れ替えるのだけども。


ともあれ、今期はこの編成でペナントに望む所存。今期こそ、5勝の壁を越えたい喃。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

図書館戦争

電撃hp今月号の読者ページにまた川上氏が投稿していた(汗)。金髪巨乳に小動物って、フルコースじゃないすか…。


まぁ、それはおいといて。10日に発売した図書館戦争なんですが。
なんか、俺の想像してた代物とぜんぜん違うらしい…。_| ̄|○
そういうタイトル使っといて、本に対する愛情が暴走してないってどんな詐欺だ。まー、いまさらキャンセルできないし、買うしかないのですが。せめてもの救いは、つまらない訳じゃないという事か。


でも、優先順位ストップ安は避けられんなぁ。ただでさえポータビリティに欠けるハードカバーだし。


しかし、都市スレで見かけた"アオリ文考えるのに川上氏が関わっている"と言う噂は、マジなのだろうか。まぁ、2ch情報だし、あんまり信じられたものでもないけど。

寝過ごして

ガイキング見逃した…。_| ̄|○


まー、それはそれとして。
本日、小関の件でもお世話になったJu様と、


広島・黒黒田、虚塵・仁志、阪神・安藤
        VS
オリックス・後藤光、GG佐藤、楽天・玉木


の3対3交換トレードが成立。抑え候補と三塁要員が一気に追加の見通しですよ。Ju様ありがとうー。


しかし、ここ一週間でのトレード攻勢は本当にすごかった。
一気に、エース、左のエース、右中継ぎ、三塁差し替え要員×2、ローテ5枚目候補、抑え候補筆頭が加入したわけで、マジでペナントが楽しみじゃわい。


されど、新しく一軍登録される選手がいると言うことは、引退or戦力外通告される選手が出ると言うことで。
チーム創成期を支えたエース清水直、幾度もチームの窮地を救ってくれたチーム内ホームラン王"好調時は神"村田が引退、最近、弩炎上かまして"テメェ川越の同類か"てな気分にさせてくれた黒田、TPで見ると割と図抜けた中継ぎのはずなのに存在感が無かった川村、入団→戦力外→再入団の苦労人栗原が戦力外通告を受ける。
実際のところは、経験値がもったいないので場当たり的に突っ込んだ選手だったとは言え、永らくチームを支えてきた選手であるのはゆるぎない事実。次期ペナント開幕戦は二人の引退試合として、ぜひとも先発&四番三塁として使ってあげたい。結果、勝敗度外視になろうとも。


まぁ、それはそれとして引退後は、5人ともどこかの誰かのチームで活躍してくれたらいいなぁ、と思うわけで。その結果、我がチームの強化も出来たらいう事無いが(笑)。
なお、ローテ五位の石井貴を差し替えるか否かは契約切れの際に考える事にする。ベイルについても追々と。まぁ、そう遠くないうちに引退することになると思うけど。




さらば、エース&HR王



引退試合は2月15日予定ー。




で、ガイキング。凹みつつ新聞読んでたら、そもそも今日は放送休みだったと言う落ち。
…先週で告知してたっけ?

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

祝・現役続行確定!

我らが小関元選手会長、ミルウォーキー・ブリュワーズとマイナー契約で米リーグに挑戦。




いやもう、なんと言ったらいいか…。


戦力外通告を初めて知った時の絶望。


ジーパンのテーマとオゼキコールが聞けない悲しみ。


移籍先が聞こえてこない不安。


国は違えど、小関竜也が今年もプロでいられることを知ったこの喜び。


正直なところ、去年、あのニュースを聞いて以来、もう俺はこのチームのファンはやってけないんじゃないか、とか、一昨年のゴタゴタん時にスッパリ日本のプロ野球を見限っときゃ、こんな思いはしないですんだだろうか、とか、でも、やっぱ俺は西武ファンやめられねぇ、とか、もう、色んな事がぐるんぐるんと脳内を巡ってた訳ですが、このニュースには本当に安心しました。


小関竜也と言う一流と言って良いプロ野球選手が、こんなくだらないゴタゴタの巻き添えで選手生命を絶たれる、そんなことはあってはならない訳ですよ。
ジーパンのテーマとオゼキコールが聞けなくなるのは寂しい。日本で小関の雄姿を見られなくなるのはもっと寂しい。しかし、小関竜也というプロ野球選手がいなくなるのに比べたら、何ぼかマシな訳で。
正直、楽天あたりに入ってくれたら、良かったなぁ、とか、思わなかった訳ではないのですが。


ともあれ、一人の西武ファンとして、栃木人の野球好きとして、祝福の言葉を送らせていただきたい。


小関選手、おめでとう。メジャー昇格できることを栃木の真ん中らへんで祈っております。

続きを読む

テーマ : 西武ライオンズ
ジャンル : スポーツ

俺西武完成への道

9日の日記で、高橋の名前を間違えてたことに気づいたが、ヘイト虚塵なので直さない。


それはそれとして、我が西武ライオンズも理想系への道を着実に進んでいるわけで。
本日、sachi様とのトレード交渉が成立し、


虚塵・SP高橋、横浜・石井琢、ヤクルト・石堂、ロッテ・山北、中日・川相
     VS
SP西口、オリックス・塩崎、長田、上田、平尾


の超大型トレードが実現。前回加入の帆足とあわせて、先発ローテもついに完成を迎え、塩崎加入で内野補強も開始できた訳で。これで現在交渉中の一件が成立すれば、2月下半期のペナントはかなりアツイことになりそうな予感。
sachi様、本当にありがとうございますー。


さて、先発、外野が完成し、内野も差し替え補強にいよいよ入れたと言うことで、次なる補強計画は中継ぎ&抑え。
とは言え、中継ぎについては、田崎が川村に代わるのが確定&山本orウィリアムスに代わって星野を突っ込む予定なので、実のところ後は左一枚、差し替え選手を見繕えば中継ぎも完成といえるのだけども…。


ただでさえ少ない左腕、さらにウィリアムスに匹敵する中継ぎとなれば、それこそもう、片手で足りるほどしかいない罠。


俺の場合、それに加えてパリーグ縛り&看板禁止の禁則事項があるだけに、ロッテ藤田も使えない。そうなると、ソフトバンク篠原あたりしか通用する左腕がいないという状況に。
しかし、一時はホークスの抑えを任された男を使うのは、西武ファンの矜持が許さない。(まぁ、それ言うなら岡本と大村使ってんのはどうよ、って話になるのだが。)


そこで考えた。


そう、西武で左の中継ぎと言えば、あの男がいる。


土肥“ローズキラー”義弘が。


確かに、現在は横浜所属で先発だが、やはり俺にとっては、試合終盤、相手チームの左中軸打者をバッサバッサと切り捨てる雄姿が脳裏に焼きついてるわけで、ここは元西武特別枠としてぜひとも入れさせていただきたい。いざとなれば、先発としても使えるし。




抑えについては、オリックス・大久保、日ハム・横山、楽天・玉木の3名から選ぼうかと考え中。俺的には玉木が割りといい感じかなー、と思ってるのだが。
つーか、小野寺が入ってりゃ、クローザーで悩むこともなかったんだけどなぁ。無いものねだっても仕方ないので、あるものでがんばる所存。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

最近

トレードが好調ー。
れいれい様とのトレード交渉が無事成立し、


広島・緒方、新井、ヤクルト・ラミレス
       VS
帆足、田崎、後藤光


の3VS3大型トレードが実現ですよ。
左のエースと、右の中継ぎ、ローテ5位候補が一気に補強成功と、こちらとしても非常に美味しいトレード。
れいれい様、ありがとう。


さらに、もう一件3VS3の大型トレード交渉が進行中で、これがうまく行けばかなり二軍の層を厚く出来て、いい感じ。つーか、能力的には一寸悩むが、選手としては凄ぇ好きな選手ばかりなので何とか締結までもってきたいところ。




ちょいと余談として、俺的なBBHトレードレートについて。
ごく個人的な評価基準として、


西武S&G>パS&G>西武黒>セS&G>パ黒>西武白>セ黒>パ白>セ白>虚塵


てな感じでして。野手の場合、これに加えて能力値評価で、


守備適正=守備力=走力=送球≧ミート>パワー


が考慮されて来る訳で。
だから、まー、俺としては。


SP・高橋吉伸って凄ぇ安いんですよ、ぶっちゃけ。


今なら、ふつーに西武白と等価交換できるんですが、誰も欲しいと言ってこない罠ー。世間にゃ、アンチ虚人が多いのか。俺はヘイト虚人だけど。

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

給料日前の悲哀

BBHする資金が無いので、補強方針をこねくり回してみる。今回は内野辺ー。


さて、現在、うちの内野手編成は、
一塁
カブレラ(西・黒)、福浦(ロ・黒)
二塁
平野(オ・黒)、城石(ヤ・黒)
遊撃
鳥谷(神・黒)、中島(西・黒)
三塁
栗原(広・黒)、村田(横・白)
な訳で。このうち、城石、鳥谷、栗原が要差し替え対象となってくる。(村田神に関しては…、例外枠として見逃して欲しいなぁ(汗)。)


で、交換要員の用件としては、最低でも同等以上の守備能力(守備適正、守備・送球値)と俺的禁則事項(セリーグ禁止&看板禁止)を満たすことが必要となる。


そー言う観点でベースボールヒーローズ@Wikiを眺めていた訳で。
その結果、
二塁交換要員 日ハム・奈良原
全ての面で、城石より上。さらに守備職人の分、平野より上とも言える。さらに元西武、俺的にパーフェクト。


遊撃交換要員 オリックス・塩崎or日ハム・金子
守りなら金子、攻めなら塩崎。…中島のアホウがしっかりしとれば、こんな苦労しなくてもすむのだが。まぁ、安定感と言うことを考えれば、金子が第一希望か。
つーか、小坂が入れられれば、何も悩むことはないのだが、看板禁止の条項に引っかかるので、断念。ままならぬ。


三塁交換要員 オリックス・後藤光
サードは花形ポジションなだけに、禁則事項にかかる選手が多く難航。そもそも、黒三塁も少ないし。そんなこんなで、長打力を練成して守備力を得る為、差し替えは後藤光で。義人三塁と言う昨季実際に取られたオプションも考えたが、守備力的に村田神と差し替えじゃないと割が合わない罠。あー、でも、能力的に義人の上位互換っぽい小田もアリか。


まー、そういう事で、内野手の補強は今後、こういう方針で行こうかと。




…往年の西武ならこんな事で悩まないでもすむんだけどね。_| ̄|○

テーマ : ベースボールヒーローズ
ジャンル : ゲーム

地を穿つ魔

タイタス・クロウサーガ第二弾、地を穿つ魔読了ー。


タイタス・クロウの事件簿から早5年。ついにタイタス・クロウサーガ真の幕開けたる「地を穿つ魔」が刊行されたわけで。ぶっちゃけ、俺はここ2、3年の間に前巻を読んだクチなんで、それほど待たされた感は無いのですが。「黒の召喚者」辺りからのファンの喜びたるやいかばかりのものか。


それはそれとして、「黒の召喚者」。
絶版とはいえ、ネット書店を見る限りでは、まだ入手可能な様子。ううむ、創元で「事件簿」未収録の短編がサルベージされる可能性を考えるとコレは買っといたほうがいいのだろうか。「狂気の地底回廊」とか、「異次元の潅木」とか、「ダイラス=リーンの災厄」とか読みたいしなぁ。


感想については、ネタバレ対策として追記スペースで。

続きを読む

テーマ : 海外小説・翻訳本
ジャンル : 小説・文学

黒歴史復活

川上氏の日記で幸江さんが復活ー!
まさか、黒歴史化したと言われる幸江日記復活の前触れなのかー!?




※筆者注 幸江さん&幸江日記
かつて川上氏がHPに掲載していた日記風小説が幸江日記こと“SATIE日誌”で、その主人公が幸江さんこと“SATIE・BLANCHE”。幸江日記は矛盾都市TOKYOの旅行代理店に就職した仏蘭西人留学生幸江さんの日常とか、苦悩とか、成長とか、そーいうのを描いた作品。
現在は、都市の歩き方OSAKAの幸江日記挿画版にその名残を残すのみで、公式HPからは綺麗サッパリ消えている。これに付いては、氏の作品世界設定に対するスタンスの変化や、設定に付いて現在の都市世界設定と矛盾する為に黒歴史された等と言われているが、詳細は氏のみぞ知るところ。
ちなみに、書簡都市符等にて過去2chにUPされた全文のログが保管されている。




まぁ、実際は幸江さんカテゴリーが出来たところで、幸江日記が再び公式でUPされるとか、幸江日記の設定は今でも有効だとか、そーいう展開になる保障は無いのですが。ともあれ、今後、氏は幸江さんをどう使っていくのか、楽しみな限りー。

三条陸つながり

いよいよ来週フェイスオープンですよ、ガイキング


まー、デスファイヤーとリミッター解除程度どまりで、旧版の顔面崩壊は望めないだろうけど。
しかしあれだ、どーにもノーザの役どころが掴めん。製作側が狙ってる位置づけは、ヒュンケルとか、後期ハドラー辺りを狙ってるんだろうけど、現時点の行動やら言動だと、どーもフレイザード分がかなり強いような気が。あのキャラでライバルポジションつったってなぁ…。ザボエラポジションのサスページにそれっぽいこと言ってても、本人の実態が頭が足りない駄々っ子戦闘狂じゃ、武人系ライバルキャラのポジションは張りようが無いと思うのだが。
後、巨人師団のメカデザが残念なのもいただけない。やっぱ、いくら主役ロボがかっこよくとも、敵メカが駄目だとロボット物は成り立たない訳で。魔獣系、鉄獣系が頑張ってんのに巨人系は…。あのロボじゃライバルポジションは無理だろ。


どーでもいいけど、プロイストってキャラ位置だけじゃなくて、役割もまんまミストバーンな気がするのは俺だけだろうか。
プロフィール

小日向悟

Author:小日向悟
栃木在住
川上稔と西武ライオンズをこよなく愛する男
職業は仮面ヲタ公務員
BH初めてから敬遠肯定派に転向
アンチと言うかヘイト虚塵でナベツネ氏ね

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク